メンズファッション

社会人におすすめの腕時計の色は?ベルトと文字盤の組み合わせもご紹介! 

タク
タク
社会人にもなるし、自分のビジネスウォッチが欲しいな〜

社会人になったら色々準備しなければならないことが多くなりますが、ビジネスの服装において時計は欠かせませんね。

ですが、ビジネスシーンにふさわしい時計って一体どんな時計なのでしょうか。

腕時計の色やベルト、文字盤なども気になりますよね!

そこで今回は、ビジネスにも使える社会人におすすめの腕時計の色と、ベルトと文字盤の組み合わせについてご紹介していきたいと思います!

社会人におすすめの腕時計の色は何?

文字盤は派手でなければOK

まず、腕時計で気にすると言ったら文字盤の色ですよね。

社会人で営業やオフィスでも腕時計をつけていきたいという方も多いかと思います。どんな文字盤の色なら良いか、悩んでいる方も多いかと思います。

結論から言うと、文字盤カラーは派手でなければなんでもOKです。

無難ならカラーで言うと、白・黒・青と言ったところでしょうか。

逆にゴールドなどの派手な文字盤だと、デザインが良くても悪めだちをする可能性があります。

タク
タク
時計がギラギラしているとあんまり印象良くないですしね。

営業職の方は特に避けたほうが良いカラーでしょう。自身のスーツ姿に文字盤カラーを合わせて購入するのが良いかと思います。

バンドは金属製のシルバーかブラックが無難

続いては、バンドカラーです。

バンドにも金属ベルト・革ベルト・ナイロンベルトなど、様々な種類があります。

社会人として時計をつけるのであれば、金属ベルトがおすすめです!

ナイロンベルトだと、どうしてもカジュアルな印象を受けてしまいます。私服通勤OKなオフィスであれば問題ないですが、スーツにナイロンベルトは合いません。避けたほうが良いベルトですね。

しかし、速乾性があり、着け心地も抜群なので、休日にあえてベルトを付け替えてみるというのもオシャレで良いと思います!

タク
タク
ダイバーズウォッチなどにつけると抜群にかっこよくなりますよ!

スーツに合わせるとなると、金属ベルトか革ベルトですね。

革ベルトの場合だと、どうしても汗染みや匂いがついてしまいます。見た目はオシャレですが、メンテナンスや交換を必要とします。これを煩わしいと感じてしまう方は向いていないかもしれません。

そのため、金属ベルトが一番社会人に相性の良いベルトですね!

ベルトと文字盤の組み合わせは何がおすすめ?

ベルト交換をするなら文字盤は白か黒がおすすめ!

基本的にベルトの交換を考えているのであれば、文字盤は白か黒にするのがおすすめです。

青や赤などの文字盤は比較的に合わせられる色が限定されてきます。しかし、白か黒の文字盤であれば、様々なベルトとも相性がいいです。

そのため、いろんなベルトを交換して楽しみたいという方は、文字盤は白か黒にするといいですよ!

文字盤が青の例もご紹介!

現在私が使っている時計の文字盤が青なので、青の例をご紹介したいと思います!

まずは、グリーンのナイロンベルトをつけた例です!

この時は、オフィスに行く時ではなく、主に休日などで使っていました。この時計はもともとゴムベルトだったのですが、夏に腕周りが蒸れて嫌だったのでナイロンベルトにしました。

とても着け心地が良くて、青の文字盤カラーにも相性が良かったので気に入って使っていました。

続いては、茶色の革ベルトです。これは、楽天で3000円ぐらいのものを購入しました。

現在はこのスタイルで使用しています!

ただ、革ベルトを購入した際の難点なのですが、安い物を購入するとどうしても長持ちがしません。

安い革ベルトをつける場合は、もともと使っている時計の革ベルトを夏場につけたくないなどの理由で購入された方がいいと思いました。

まとめ:文字盤カラーは白か黒が無難で使い勝手も良い

以上が時計カラーのおすすめと、文字盤カラーとベルトの組み合わせについてでした。

社会人として時計を使う場合、シルバーかブラックの時計をつけるのが無難です。文字盤のカラーは白・黒・青のカラーがおすすめですよ!

また文字盤とベルトの組み合わせを考えるなら、文字盤は白か黒にしておくと、どのバンドにも合わせやすいのでおすすめです!