金曜ロードショー

【レディプレイヤー】ハリデーは生きている?最後のシーンについて考察!

スピルバーグ監督の作品として世界中で注目を浴びたレディプレイヤー。

その舞台となったのはVRの世界で、日本とアメリカに縁のある作品がたくさん出ていたので、見応えを感じている方も多いのではないでしょうか。

そんなレディプレイヤーですが、死んだとされていたハリデーが、ラストシーンで出てきて疑問に思った方も多いですよね。

作中では、アバターなのかは曖昧な感じで終わってしました。

そこで今回は、ラストシーンのハリデーについて考察していきますね!

この記事では、

  • ラストシーンのハリデーの正体

について考察しています。

 ラストシーンでハリデーは生きている?

作中の冒頭部で亡くなったとされていたハリデーでしたが、パーシヴァル(ウェイド)がイースターエッグを手にする際に登場しましたね。

あの場にいたハリデーは何者だったのか、考察していきます!

生前のハリデーをコピーしたAI

まずハリデーが死んでいるのであれば、あの時登場したハリデーは生前のハリデーのデータをコピーしたAIと考えることができます。

であれば、オアシス内でハリデーが登場してくるのは納得ができます。

まるで、SAOの茅場のようなやり口ですね笑

現に、パーシヴァルが「あなたはアバターなのか」と尋ねたところ、曖昧な返答をしていました。

あの時、大人のハリデーと子供のハリデーが二人いましたね。アバターとしてログインしていたとは考えられません。

このことから、ハリデーは自らの記憶をデータ化し、あの部屋で試練をクリアする誰かを待っていたと考えるのが一番有力な筋だと考えます。

パーシヴァルと同じように25セントで復活した?

また、パーシヴァルと同じように25セントのおまけライフで生き返ったという考察もあります。

物語の終盤で、オアシス内のアバターが全てソレントが放った爆弾によって死んでしまいました。

ですが、パーシヴァルはおまけのライフで生き残ります。

物語の一番最初のハリデーが亡くなって棺桶の中で目を閉じているシーンがありましたよね。

あの時、パーシヴァルの目の上にはコインが乗っていました。

日本でも三途の川を渡るために船代を持たせる風習がありますが、古代ローマでは目の上にコインを乗せる埋葬法があり、それがヨーロッパの風習として残っているようです。

それと同様に、コインを使って桶から生き返ったのでは?という考察です。

確かによくできた話ですが、リアルとゲームの世界で考えたときに、この考察はありえなさそうですね。

レディプレイヤーはいろんな伏線や設定があり、1周目で気付かなかったこともたくさんあるかと思います。

もう一度レディプレイヤー1をみるならU-NEXT!

もう一度レディプレイヤー1を視聴するなら、実質タダで視聴することができるU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTを利用するメリット

  • 他のサービスよりも無料期間が長い
  • 無料期間中に600ptもらえる
  • 見放題作品が日本最多
  • 漫画・雑誌も楽しめる
  • 対応端末が多い
  • いつでも解約できるのでノーリスク

現在、レディプレイヤー1の配信を行なっているのは、U-NEXT、Amazonprime、dTVです。

しかし、どの配信サービスも有料レンタルになっているので、登録とは別にお金がかかってしまいます。

しかし、その中でもU-NEXTの無料トライアルを利用すれば、無料期間中に600ptがもらえるので、実質タダで視聴することができちゃうんです!

期間内に解約すればお金はかかりませんよ!

また、動画配信サービスの中でもU-NEXTでは有料コンテンツとしてマンガやドラマの配信もしているのが特徴です。

そのため「レディプレイヤー1」の原作であるゲームウォーズも読むことができちゃいますよ!

また、その他のメリットとしても作品数が動画配信サービスの中でも最も多いので、無料お試し期間中に様々な作品を視聴することができます!

U-NEXTの
無料トライアルを利用する

まとめ

以上が、レディプレイヤーのハリデーが生きているかどうかについてでした。

ハリデーが生きていたのかどうかは明確な答えはわかりませんでしたが、やはりハリデーは亡くなっていたと考える

ハリデーはやはり亡くなっていて、生前に地震の記憶をオアシス内にデータ化して、試練をクリアした者の前に現れるように設定していたと考えられるのが今回の考察でした。

また、ハリデーもコインを使って生き返った?という考察も考えられましたが、現実世界では不可能な発想なのでありえないでしょう。

日本カルチャーにもゆかりのある作品なので、ぜひ探してみてください!